京の都へ2~町家ギャラリー

2007.12.19 Wed
手づくり市の次はもう一つのお目当て「町家ギャラリーりこ」さんへ。

Cさんの作品が委託販売されているということで、挨拶方々、
町家ギャラリーでゆっくりはんなりと、の予定でしたが。。。
最寄りのバス停までは順調に行けたものの、そこから笑ってしまう程迷いました。
そんなわけで辿り着いた時にはすっかり日も暮れ。。。
お店から洩れてくる光がいい感じであったので、それはそれで良かったような。

お店の中はあったかい雰囲気でした。
ギャラリースペースではなかがわ暢さんが個展をされていました。

66本の映画の1シーンを1枚づつ描かれていて、
フィルムのようにペイントされた基板に貼付けられた作品の一つ一つには
本物のフィルムで作品番号が書かれていました。
壁一面の作品がゆらゆら揺れていて、まるで8ミリ映画のよう。おもしろい。

ちょうど暢さんが在廊されていたので、お話することができました。
今回は2000年以前の映画が殆どで、
なんでも、その映画の一番印象に残ったシーンを描かれたそうです。
人によって印象に残るシーンは違うようで、それがまた映画の面白い所でもあるのですが、

「こんなシーンあったっけ??」

なんてのがそこそこ、いや割とありまして。
あぁ10年前の私を連れてきたかった。

販売されている雑貨もオーナー様の選ばれた素朴でかわいいものばかり。
京都では他にも町家なお店がたくさんあるようなので、
また次回にゆっくり行きたいです。

whom

カテゴリ:お出かけ | コメント(0) | トラックバック(-) | top↑ |
<<クリスマスライブ | ホーム | 京の都へ1~百万遍>>

コメント

name
title
mail
url

[     ]